日焼け止め シミ そばかす

日焼け止めとシミ・そばかすとの関係は?どうしてできるの?

日焼け止めとシミ・そばかすとの関係は?どうしてできるの?

シミやそばかすを予防するという意味でも日焼け止めはとても重要です。
その日焼け止めに表示されている「PA」とは紫外線によるくすみや、シミ・シワなどの肌の老化を防ぐための数値です。
また紫外線を浴びすぎると、メラニン色素が多く生成され「そばかす」もできやすくなります。

 

ではPAの数値の高い日焼け止めを使えばいいのかというと、PAの「+」(プラス)が大きいほど紫外線をカットし、
シミ・シワなどは出にくくなりますが、その代わりにお肌の状態は下がってしまうのです。

 

日常生活で使う日焼け止めは、PA+~++位のもので十分効果があります。
それから紫外線を効果的に防いでくれる成分として使われる紫外線吸収剤を含んだ日焼け止めは、
長時間使っていることでシミやシワを招く原因になることがあります。
特に敏感肌の人は注意が必要で、ノンケミカルの日焼け止めを使いましょう。

 

日焼け止めは暑くなってから使うのではなく紫外線の強くなる春先から使い始め、
自分の肌の状態などをチェックして肌への負担が強すぎないものを選びましょう。
せっかく選んでも塗り方によっては肌に負担をかけてしまうので、こすらずに肌に乗せるように塗り、こまめに塗り直すようにしましょう。

関連ページ

日焼け止めを塗っていればシミはできない?
この夏に活躍すること間違いなしの人気おすすめ日焼け止めをランキングにして紹介!1位の日焼け止めは、今までの日焼け止めとは全然違う!

ホーム RSS購読 サイトマップ