体育祭 日焼けしたくない

体育祭で日焼けしたくない…焼かないようにする方法は?

体育祭で日焼けしたくない…焼かないようにする方法は?

子供の成長と頑張りが一度に見れる運動会。
最近では5月に行う学校も増えてきましたが、10月でも5月でも暑いものは、暑~~い!
特に運動場のような広いスペースには、日差しから隠れるところもない!でも応援したいし、日焼けはしたくないし…。

 

そこで、どんな対策をすれば良いのか調べてみました。

 

まずは肌を直接守る、日焼け止めです。
紫外線が増える時間は、運動会の開催されている時間とかぶっています。
日焼け止めクリームがSPF30/PA++程度のもので良いので、しっかりとムラのないように塗っておきましょう。
汗などで流れてしまう事もあります、こまめに塗りなおすと効果的です。

 

日焼け止めで直接カバーしたら、帽子、サングラス、アームカバーなどで防御力を上げましょう。

 

実用的なものを揃えましょう。
オシャレなもので実用性もある…そんな嬉しい小物も増えています。
・帽子はツバの広いタイプが◎
熱中症対策にも効果的です。
・サングラスは、まぶしいから+紫外線の予防に。
目から入る紫外線もシミなどの原因になります。
・アームカバーは長袖だと暑い、でも半袖だと寒くなるかも…という中途半端な季節には役立つアイテムですね。
もちろん日焼け予防にもなりますよ。
・その他
タオルやひんやりスカーフなどを服装に合わせて選びましょう。
首の周りも意外に日焼けしてしまいます。タオルなら汗拭きにも使えて便利です。

 

それでも日焼けしてしまったら。
家に帰ったらしっかりケアしてあげましょう。
早めのケアで少しでも良い状態にしてあげる事が大切です。
日焼け後のケアは冷やす事、そして潤いを与えてあげる事です。
水浴びなどでしっかり冷やしたら、保湿のために化粧水やクリームなどをしっかり塗ってあげてくださいね。

関連ページ

紫外線対策!日焼け止めは塗り直しがなぜ必要?何時間ごと?
この夏に活躍すること間違いなしの人気おすすめ日焼け止めをランキングにして紹介!1位の日焼け止めは、今までの日焼け止めとは全然違う!
紫外線対策のための日焼け止めの選び方のポイント!
この夏に活躍すること間違いなしの人気おすすめ日焼け止めをランキングにして紹介!1位の日焼け止めは、今までの日焼け止めとは全然違う!
家にいる時でも日焼けしたくない日焼け対策はこれ!
この夏に活躍すること間違いなしの人気おすすめ日焼け止めをランキングにして紹介!1位の日焼け止めは、今までの日焼け止めとは全然違う!
水泳の授業で日焼けしないようにする方法は?
この夏に活躍すること間違いなしの人気おすすめ日焼け止めをランキングにして紹介!1位の日焼け止めは、今までの日焼け止めとは全然違う!
体育祭の時の日焼け止めのSPFはどのくらい?おすすめは?
この夏に活躍すること間違いなしの人気おすすめ日焼け止めをランキングにして紹介!1位の日焼け止めは、今までの日焼け止めとは全然違う!
真夏のディズニーに行くなら事前にこの対策を練っておこう!
この夏に活躍すること間違いなしの人気おすすめ日焼け止めをランキングにして紹介!1位の日焼け止めは、今までの日焼け止めとは全然違う!
冬の日差しにあった日焼け止めのSPFってどれくらい?
この夏に活躍すること間違いなしの人気おすすめ日焼け止めをランキングにして紹介!1位の日焼け止めは、今までの日焼け止めとは全然違う!
紫外線が気になる…日焼け止めのSPFって何?
この夏に活躍すること間違いなしの人気おすすめ日焼け止めをランキングにして紹介!1位の日焼け止めは、今までの日焼け止めとは全然違う!
紫外線に日焼け止めって本当に効果があるの?
この夏に活躍すること間違いなしの人気おすすめ日焼け止めをランキングにして紹介!1位の日焼け止めは、今までの日焼け止めとは全然違う!
日焼け止めの「SPF」の意味は?
この夏に活躍すること間違いなしの人気おすすめ日焼け止めをランキングにして紹介!1位の日焼け止めは、今までの日焼け止めとは全然違う!

ホーム RSS購読 サイトマップ